革のポーチを取り扱うときの注意点などを紹介します

革の製品を出来るだけ長く使うためにはメンテナンスを行うことが欠かせません。特にポーチはカバンや靴などと違い日常的に使用するもので他のものと一緒に入れていることが多いので汚れやすくなっています。しかし間違ったお手入れ方法をするときれいにするつもりでしたにも関わらず状態が悪化してしまうことがあります。メンテナンス用品にはいくつか種類があり革のポーチの種類によって合うものと合わないものがあります。基本的には乾拭きを小まめに行うようにしてそれでも落ちない汚れに関しては自分が持っている革のポーチに合うお手入れ方法を行うようにしましょう。このように正しい方法で出来るだけ定期的にお手入れをすれように心がけるときれいな状態を長く保つことが出来るようになります。

革のポーチを手入れする際にしてはいけないこと

革のポーチのお手入れをする場合に注意すべきこととしてベンジンやシンナーを使わないようにすることが挙げられます。ベンジンやシンナーを使うと油性汚れを落とすことが出来るので適切なお手入れ方法だと勘違いされる方もいますが、革の塗装膜を溶かしたりシミの原因となるため使用しないようにしましょう。また水溶性の汚れを水ぶきする場合や市販のクリーナやクリームなどの手入れ剤を使用する際にも注意が必要です。革の表面を仕上げる方法を考慮してお手入れを行わないとシミや色ムラが生じる可能性があります。このようなメンテナンス用品を使用する際にはいきなり全体に塗るのではなくあらかじめ目立たない部分でテストをしてみて色落ちをしないか、シミなどが出来ないか必ず確認を行うようにしましょう。

革のメンテナンス用品の種類と使う際の注意点

革のメンテナンスを行う際に用いられる用品には汚れを落とすために使用する汚れ落とし用クリーナー、色やツヤの保持、保革、防水、汚れや傷からの保護のために使用する保護クリーム、革にオイルを与えて柔軟にすることで割れを予防する役割がある油分添加物、防水剤など様々なメンテナンス用品があります。何を使うかはその時のポーチの状態によって変わってきますが、磨き仕上げをする場合光沢のある革のポーチに油性のメンテナンス用品を使うと光沢が失われることがあるのでおすすめできません。光沢のあるものに関しては基本的には布で乾拭きをするかそれでも落ちないような頑固な汚れについては爬虫類の革用の手入れ剤に表面の光沢を維持できるものがあるのでテストをしてから使用することをおすすめします。