革のポーチの特徴や魅力を解説します

革のポーチは一度買うと長く使うことが出来て使えば使うほど味が出てくることで人気を集めています。しかし革とひとまとまりにされがちですが実際の素材はたくさんあり、代表的なもので牛、馬、豚、鹿などが挙げられます。さらに牛の中でも子牛を使っている素材から比較的厚みがありきめ細かな素材であるステアハイドがあります。革のポーチはカバンやシューズなどと比べると比較的安く買うことが出来ますが、出来れば自分に合った良い製品を長く使いたいと思います。そのためにはまずは革の種類と特徴やそれぞれの魅力を知っていれば実際に購入する時に参考にすることが出来て購入した後に思っていたのと違ったという失敗を防ぐことも可能です。ここでは特徴や魅力についてそれぞれ素材に分けて説明をしていきます。

牛の革を使ったポーチの特徴と魅力

革製品と一言で言っても素材は色々ありますが代表として挙げられるのが牛です。牛の革を使ったポーチは仕上がりが美しく丈夫であり流通量も多いことが特徴として挙げられます。また牛の中でも生後6ヶ月の子牛を使ったのがカーフと呼ばれており生後6ヶ月よりもさらに若いのがベビーカーフと呼ばれています。子牛を使った革のポーチは高級品として扱われることが多いです。そして最も一般的だとされているのがステアハイドと呼ばれている牛革素材です。比較的厚みが均一で傷が少ないため表面のきめ細かさは子牛の革素材に近いです。このように牛だけでも様々な種類がありそれぞれ特徴や魅力が異なるため一度何の素材を使っているのか比べてみるのも楽しいかもしれません。また自分の好みに合ったポーチを手に入れるために慎重に考えてみましょう。

それぞれの革の特徴と魅力について

牛の他にもポーチに使用されている革には豚や馬などが挙げられます。豚に関しては日本国内で唯一生産できる素材であり海外にも輸出されています。スエード状に仕上げたピッグスキン・スエードは人気が高いです。続いては馬を使った商品で光沢の美しいコードバンが魅力となっています。牛に比べると精度が落ちることが多いですがコードバンと呼ばれている摂取量が少ない重量馬の臀部の革は空気も水も通さないほど繊維が緻密で硬いため高級素材として重用されています。続いては柔らかく手触りが良いことで知られており耐水性に優れている鹿を使った革製品が挙げられます。植物油でなめしたものをセーム革と呼んでおり、水分を吸収しやすいのに硬くならずに伸びても元に戻る性質として知られています。